マネジメント教育

「個の集団」から「真の組織」へ。
ゼネラリストの資質を持つエンジニアがエクシードの成長を担います。

これからのエンジニアリング会社は、技術力にどんなプラスαを提供できるかで企業価値が決まってきます。そこで、エクシードは「ものづくり」の姿勢を得意先と共有することによって求められるものを見極め、マネジメント教育を柱とした人材教育に展開しています。エンジニアとしての自分自身、エンジニアの集団であるチーム、そしてエクシードという会社。それぞれを的確にマネージメントできる人材を育成することが目標です。

[ マネジメント教育3つのポイント ]

コミュニケーション能力意識を共有するためのコミュニケーション能力と、それを展開するプレゼン能力の習得
管理能力チームワークを活用しての、問題解決能力と改善活動
段階・階層ごとの役割と責任の認識
品質管理顧客満足を念頭に置いた、日常業務における品質意識の向上
QC活動による職場単位での品質意識と改善意識の向上