チームで挑むエンジニアたちは、その成長を顧客満足という形で実感する。
一人ひとりの、「もっと高み」を目指す気持ちが
競争力のあるエンジニアリング会社をつくります。

[ エクシードの組織論 ]

自動車や産業機械など、ものづくりの最先端で必要とされるエンジニアリング会社。それが、私たちの目指す姿です。 エンジニアリング会社は、技術スキルが高いエンジニアの集団です。 しかし、それは一面でしかないと私たちは考えます。 エクシードの技術フィールドである上流工程の開発設計では、 さまざまな分野の高い技術スキルに加え、 限られた時間の中で確実な成果が求められます。 しかも案件を一括請負するためには、 最適なスキルを持つエンジニアのチームを組織できる会社でなくてはなりません。 エクシードでは、顧客満足という目標を共有できるエンジニアの集団をチームと呼びます。 個が集団になったからと言ってチームになるわけではありません。 個々がスキルを高めて役割を果たし、チーム全体で品質を向上させる。 それによって得られる顧客満足度の大きさがチームの信頼につながり、 エンジニアの満足・成長となります。 私たちは、この満足度の理想的な連鎖を促すというビジョンを描き、 成長戦略、技術戦略、経営戦略という3つのエンジンで 競争力のあるエンジニアリング会社へと進化を続けます。