徹底した個人の技術教育体制に加え、
体系的なマネジメント教育による独自の人材育成。

エクシードの成長戦略は、社員一人ひとりのスキルアップを会社の成長そのものとしてとらえること。そのため、導入教育に始まる教育・研修制度はもちろん、日々の教育の目標である製図技能検定や情報処理試験など、公的な資格取得も積極的に奨励しています。受験に向けたさまざまなサポート体制によって、一人ひとりの向上心をバックアップし、資格取得の費用も会社が負担。また、本社と刈谷事業所では、基礎的な知識・技術習得から専門性の高い実践的なスキルの習得まで広範囲の社内研修が行われ、若手社員が新人を指導し、中堅・管理社員が若手社員に対して技術伝承を行うなど、社員相互で技術の蓄積を図っています。一方、技術スキルに加えてキャリア・役職ごとの階層別教育も行い、エンジニアとしてはもちろん、技術者集団を支える人間力を高める教育にも力を入れています。それは上流工程での開発案件をグループで請け負う事例を踏まえた、体系化されたマネジメント教育。キャリアに応じた役割を担うことができる、ゼネラリストの資質を持ったスペシャリストの育成に取り組んでいます。
こうした教育の底流に流れるのは、スキルアップできる人材育成環境と働きやすい職場環境によって社員満足度を高め、社員のモラール向上により品質が向上し顧客満足度を高め、その達成感によってさらにスキルアップ意欲を高まるという、エクシードならではの満足共有サイクル。エンジニアと会社のベクトルが一致しているからこそ「豊かさの追究」を共有できる、エンジニアリング会社の理想の姿がここにあります。